STAFF人を知る

STAFF
人を知る

光・彩に入社した理由や日々の仕事について。また日々の仕事におけるやりがいなど。
光・彩で働く多彩な先輩社員をご紹介します。

大切なお客様の、
大切な思い出をつくっている

遠藤 太一ENDO TAICHI

ジュエリー製造部

開発・原型

2015年4⽉入社

06

Q.現在の仕事内容を教えてください

主には設計とプログラミングを担当しています。私が行っているのは「NCプログラミング」と言う、NC工作機械を動かすためのプログラミング。機械の動きをコードで制御することで、設計通りに部品を削ったり、3Dプリンターで試作品をつくったりしています。いくつもの設計をこなしており、要望通りにつくれるようになるまで試行錯誤しています。

Q.光・彩に入社した理由を教えてください

ジュエリーって、職人さんが1つ1つ手作業で作っていると思っていました。しかし、光・彩は違う。見学をした際に、ゼロから機械を使いつくっていることに驚きました。そのことがとても印象に残っています。もともと機械が好きで、転職活動をする際にも機械を扱う仕事をしたいと思っていましたので、光・彩を志望しました。

Q.自身が思う光・彩の魅力を教えてください

やればやった分だけ、評価をしてくれるところだと思います。また「働き方改革」という言葉がありますが、会社としてそのことに真正面から向き合い、きちんと就業規則をつくったり、できる限り生産性の向上に努めていたりする点が魅力的に感じます。社長をはじめとして経営陣が率先して、社員が働きやすい環境をつくろうとしているのだと思います。

Q.今後、目指していきたいことを教えてください

やはり自分は機械が好きなので、事務管理から製造までIoT化をして、できる限りの業務を自動化したいと思っています。技術的に難しい面も多々ありますが、できる限り人が楽できるような環境をつくりたいです。そのために、今は独学で機械による制御を実現するためにプログラミングを学んでいます。現場から会社のことを変えていきたいですね。

Q.最後に、就職活動中の方にメッセージをお願いします

私たちの仕事はエンドユーザーがおり、品質を保ちつつ納期を必ず守らなければいけません。それらのプレッシャーや大変さはありますが、どんなことにも興味をもって挑戦してほしい。私たちは大切なお客様の、大切な思い出をつくっている。そのような想いをもって、仕事と向き合っています。とてもやりがいのある仕事なので、興味があればぜひお越しください。