自働機へのこだわり

自働機のメリット

手作業は、どうしても作業者により品質にバラツキがでたり、不良が発生しやすく生産効率も下がりやすくなります。光・彩の生産ラインでは、「半自動機」と「熟練作業者」との組み合わせにより、安定した品質を常に担保しながら、生産数量の安定化と作業の効率化を図っています。新規のデザインや量産品など、多種多様なニーズにも応えられる柔軟な生産体制です。

品質と生産性を左右する、金型の設計

光・彩では、自社オリジナルの小型自働機も多数導入し、段取り替え(セッティングの変更)や調整をなくし、品質のバラツキを最小限に抑えています。
「半自動機」+「熟練工」による生産体制は、自動機では困難な多品種小量生産が可能なうえ、増設や改善も行いやすいため、市場の変化にも臨機応変に対応することが出来ます。
「世界No.1のジュエリーパーツメーカー」を目指し、特注品から量産まで、お客様のご要望に応えた対応ができる生産体制を、常に改善しつづけています。

単発型金型
イヤリング曲げ半自動機



自働機の生産体制が目指す姿

さらに柔軟に、クイック・レスポンスができる設備を目指しています。
生産において時間がかかるのは、じつは段取り替えと呼ばれる「機械のセッティング変更」の部分です。段取り替えの際に、人の手で部品を外すのではなく、機械による自動跳ね出しにすることで、「脱着」作業から「着々」作業へと短縮できます。ワンタッチ、調整ゼロの段取り替えを理想としています。
さらには、自動化から自”働”化へ。機械に認識機能などの”知恵”を付与し、自ら「働く」付加価値をもった機械も研究しています。
レーザー加工など、より品質を向上させる技術も導入しながら、個人の技術力によって品質、生産性に差がなく、不良の出ない仕組みを取り入れ、常に安定した品質を提供できる生産力を高めていきます。


前へ
鋳造リングへのこだわり

次へ
引き輪のこだわり