引き輪へのこだわり

引き輪とは

ネックレス等を身につける時に端と端をつなげる、リング状のパーツのことです。心地よい使用感を出すためには非常に高い技術が求められる商品で、引き輪の製造はジュエリーづくりの技術の要と考えています。
引き輪を通じてより技術を磨き、伝承しながら、お客様の期待に応えてゆく。光・彩は総合ジュエリーパーツメーカーとして、世界最高品質を目指した引き輪の製造を行っています。


光・彩の引き輪の特長

貴金属固有の特長を考慮して、素材の特色を生かした引き輪を製造しています。また各種ロー材や地金には一切の有害物質は含まれていません。
自動機によるパイプ切断から、数十ミクロンの精度での組み立てまで、自社で一貫した生産体制により動作と品質の安定した製品を提供します。



お客様の声が、品質をつくる

光・彩では、お客様の声に耳を傾けることを第一に考えています。新しく要望される仕様や、販売された製品に対する改良のご要望も含めて、ニーズに迅速にお応えすることで技術・品質の研鑽を続けています。
引いた時の指先の感覚が心地よく、指を離した時に安定してロックしてくれる、身につけて質感が伝わってくる引き輪。新たな機械や技術も取り入れながら、より高いレベルでお客様に満足いただける引き輪の開発に努めていきます。



前へ
自働機へのこだわり

次へ
ユニバーサルパーツへのこだわり